FC2ブログ

爺ちゃん備忘録

最近、目に触れられなくなったモノたちを紹介しています。

こんなモノまで・・(羽織紐)

少しの外気温の上昇で、ホッとする。
プロフィールの中に古いミシンでの縫製と記載したままで紹介するしていませんでした。
今回、家内が柿渋で染めた布袋を持っていたので、ほぼ同じ寸法で作成したのがこれです。帯をリメークしたのでしっかりとしています。
制作するのは簡単なのですが、柄、デザイン性のセンスがポイントのようです。



若夫婦お気に入りの陶器の持ち手を破損したとのことで、修理依頼を受けました。
漆と強力粉を練りこんで・・・その前に漆を事前に破損面に数回塗布し乾燥する前処理をしています。
現在は、この季節の温度、湿度不足を補うために段ボール箱を室として固着中です。次回、またご報告したいと思います。
U01_convert_20170201222119.jpg

今回本題の、羽織の古〜い紐5種です。当時の売値「弐拾弐銭」の値札が付いています。
1円以下の単位のでの流通停止は、1953年(昭和28年)12月31日とのことから、ここら辺りの商品だったのでしょうか。
今時の羽織紐と比べても、細い様に思うのは私だけでしょうか。
005_convert_20170201205145.jpg
スポンサーサイト



このページのトップへ

古い翁面の帯留(木彫能面・在銘)

長崎 昼前までお日様も出て昨日に続きいい天気でしたが、午後からはお日様も雲に隠れてしまいましたが、それほど寒くはなっていませんが、週末寒気がやってくるのでしょうかね。

今朝、硯と墨を探していた折、見つけ出しのがこれ、古く小さい桐箱(W48mm X L60mm - h40mm)に入った翁面の帯留です。
いつどこで入手したのか記憶定かではありませんが、掘り込みの良さに惚れ込んで購入したものと思います。こんな小さな木片によくよく彫り込んだものだと感心する次第です。
3分紐(約 9mm)くらいで使用可能と思います。

寸法 縦幅:37mm 横幅:32mm 厚み:16.5mm

OK2_convert_20170118162450.jpg
OK3_convert_20170118162558.jpg
OK4_convert_20170118162540.jpg
OK5_convert_20170118162615.jpg
OK6_convert_20170118162630.jpg
このページのトップへ

身辺整理について《鼈甲製 龍文帯留》

今日、近所のアンティークショップから電話を受け訪問しました。気ままなお店であるため開店している日とお客さんが少ない。そんなお店で、身辺整理?骨董会で売りさばくために欲しいものがあったら教えて欲しいとのこと。
実際、私自身の収蔵品は多種・多様で半端なく保管している。
旧知の骨董屋さんからもお店を持ったら??と言われているが、なかなか踏ん切りつかない。かと言って、あの世に持って行く訳にもいかず心中複雑な1日でした。
今までのブログ記載のモノは、収蔵品の一割にも満たないと思うが、まだまだ物欲を捨てきれず悶々としつつ収集している。考えよう・・・。

本日掲載の帯留は、引き出し香炉の中の布に包まれてあったものです。帯留の裏側に少し虫食いも認められますが、表面は綺麗な状態です。

寸法  65mmX40mm - 9mm


CIMG8087_convert_20160410190031.jpg
このページのトップへ

自慢できるモノではありませんが・・《櫛・笄・簪》

自慢できるモノではありませんが・・・長らく箪笥の引き出しの中で保管していたものです。

1)櫛(表・裏面掲載)
  寸法 87mm X 33mm - 2.5mm

2)櫛(表・裏面掲載)
  寸法 87mm X 36mm - 3.7mm
CIMG02_convert_20160209213915.jpg
3)櫛(3種)
  寸法 91mm X 56mm - 6.0mm (上)
CIMG03_convert_20160209214030.jpg
4)櫛(3種)
  寸法 100mm X 33mm - 4.0mm (上)
CIMG04_convert_20160209214116.jpg
5)簪
  寸法 22mm (直径)
CIMG05_convert_20160209214141.jpg
6)笄
  寸法 21.5mm X 6.0mm - 100mm
CIMG06_convert_20160209214220.png
7)笄(表・裏面掲載 4種)
  寸法 11.5mm X 9.0mm - 146mm (上)
CIMG07_convert_20160209214307.png
8)笄(5種)
  寸法 14,0mm X 8.0mm - 180mm (上)
CIMG08_convert_20160209214415.jpg
9)簪
  寸法 28,0mm (下・直径)
CIMG09_convert_20160209214549.jpg
このページのトップへ

コスモスが満開でした《帯留め 5種》

一昨日、佐世保市・展海峰のコスモスが満開でした。
20数年前、子供達とここを訪れた時は、見物する人も少なかったのですが 今は驚くほどの混雑振りでしたがコスモスと九十九島の眺めだけは変わらず来て良かったと、見とれてしまいました。

今回掲載のモノは、家内の収集品です。

1)珊瑚・鈴と牡丹の図 帯留め    
    幅:56mm 縦:32mm 厚み:16mm
ー正面ー

ー背面ー
CIMG6518_convert_20151014161338.jpg
ー側面ー
CIMG6519_convert_20151014161357.jpg

2)象牙・薔薇の図 帯留め    
    幅:34mm 縦:34mm 厚み:11mm
ー正面ー
CIMG6520_convert_20151014161416.jpg

3)珊瑚・般若と菊図 帯留め    
    幅:52mm 縦:31mm 厚み:10mm
  帯留めだけではなく、ペンダントにも使用できる様な金具がついています。
ー正面ー
CIMG6522_convert_20151014161440.jpg
ー背面ー
CIMG6523_convert_20151014161506.jpg

4)珊瑚・帯留め    幅:45mm 縦:20mm 厚み:13mm
ー正面ー
CIMG6524_convert_20151014161537.jpg
ー側面ー
CIMG6525_convert_20151014161559.jpg

5)珊瑚・鳳凰と花図 帯留め    
    幅:68mm 縦:53mm 厚み:13,5mm
帯留めだけではなく、ブローチにも使用できる様な金具がついています。
ー正面ー
CIMG6526_convert_20151014161626.jpg
ー背面ー
CIMG6527_convert_20151014161650.jpg
ー側面ー
CIMG6528_convert_20151014161709.jpg
このページのトップへ

プロフィール

karako60

Author:karako60
長崎(市)生まれ ♂
配偶者有り
臥牛窯(現川)の自称ファン&古いもの収集&桐箱制作&古いミシンでの縫製

日々の暮らしの中で、収集(ing)したあんなモノ、こんなモノたちをブログで紹介

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

陶芸 (139)
火鉢 (6)
皿 (50)
碗 (18)
水指 (1)
徳利 (9)
香炉・香合 (5)
菓子鉢 (3)
細工物 (10)
急須 (1)
蓋物 (1)
酒樽 (1)
灯明器 (1)
蓋置 (1)
花入れ (6)
そば猪口 (2)
漆芸 (12)
金属工芸 (47)
釜 (5)
  鍔 (1)
ガラス (10)
機械 (3)
時計 (0)
木工・竹工芸 (39)
鼈甲 (2)
硯 (2)
根付 (6)
帯留め (7)
人形 (7)
書画 (9)
その他 (5)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR