FC2ブログ

爺ちゃん備忘録

最近、目に触れられなくなったモノたちを紹介しています。

梅雨とはいえ・・・《印判・いげ皿 鷹狩りの図》

毎日、雨が降り続きますね。出掛ける気にもなれず、ひたすら古い懸垂幕を大小の風呂敷作りに励んでいます。
長崎では「おくんち」踊り町の店先、旧家の軒先に期間中この懸垂幕は使用されています。昨今の建物の建て替えで不要になったものが、たまたま骨董屋さんあったものを以前譲り受けてきたものをリメーイクしています。
何だか、少し寂しい様な気もしますが これが世の流れなのでしょうかね。

さて、本日掲載のいげ皿ですが、最近骨董屋さんで入手したものです。数日前から、沢山の印判皿が入荷された中にあったモノです。
ぱっと見、図柄・構図に惹かれ購入、その後、光芸出版 いげ皿IGEZARA PRINTED CHINAの本の1頁に”鷹狩り”として記載されていました。
この本の説明文にも長崎の骨董屋さんで購入したこと 西洋的な遠近法を取り入れて図柄、珍品とありましたが これも筆者の好みと通じるところがあり、一寸ニンマリしてしまいました。
一般雑器としての印判手のお皿では、基本 物語性があるのは少ない中 一時飾って楽しもうかと思います。


寸法 直径:180mm 高台径:108mm 高さ:22mm
裏文はナシ 窯印は、四角の中にウワタキ陰刻あり

01_convert_20160623094215
02_convert_20160623094244
04_convert_20160623094336
03_convert_20160623094313
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

はじめまして。

無くては生きていけないものが文化だと思いますが、こういういつまでも使える良い道具もまた、ものを大切に使い続けるという精心的な側面からみた資源のない島国の日本文化として見直される時が来ることを信じたいものです。

2016/02/06(土) の記事の福介、むかし福江島の祖父母の家のTVの上に同じ人形が飾ってあったものです。
とても懐かしく思い出したものです。

  • 2016/06/23(木) 21:33:05 |
  • URL |
  • 志村ゲン #-
  • [編集]

コメントありがとうございます。

はじめまして karako60です。
昔、DIYで小さな畑用に鍬を購入したことがありました。使っているうちに鈍な鉄のだったのでしょう曲がり使用できなくなってしまいました。そんな時。古物屋さんで安価に購入した錆び付いた鍬を使って初めて良いものに出会った時の感動を忘れることはできません。
沢山のモノが溢れる世の中ですが、それなりの眼を持って取捨選択しながら生活していけたらと思います。

  • 2016/06/27(月) 10:25:26 |
  • URL |
  • karako60 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanreki5565.blog.fc2.com/tb.php/212-668dae99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

karako60

Author:karako60
長崎(市)生まれ ♂
配偶者有り
臥牛窯(現川)の自称ファン&古いもの収集&桐箱制作&古いミシンでの縫製

日々の暮らしの中で、収集(ing)したあんなモノ、こんなモノたちをブログで紹介

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

陶芸 (139)
火鉢 (6)
皿 (50)
碗 (18)
水指 (1)
徳利 (9)
香炉・香合 (5)
菓子鉢 (3)
細工物 (10)
急須 (1)
蓋物 (1)
酒樽 (1)
灯明器 (1)
蓋置 (1)
花入れ (6)
そば猪口 (2)
漆芸 (12)
金属工芸 (47)
釜 (5)
  鍔 (1)
ガラス (10)
機械 (3)
時計 (0)
木工・竹工芸 (39)
鼈甲 (2)
硯 (2)
根付 (6)
帯留め (7)
人形 (7)
書画 (9)
その他 (5)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR