爺ちゃん備忘録

最近、目に触れられなくなったモノたちを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

蝉の抜け殻が増えています《唐子図変形皿》

今日午前中、我が家の小さな庭の雑草取りをしました。蝉の抜け殻が8匹、もう少し増えるのかなと思います。
毎年、亀さんの冬眠用にと落ち葉を沢山敷き詰めているせいなのかとも思っています。夏は蝉と4匹の亀たちが気ままに闊歩し、冬はメジロと私たちを楽しませてくれています。

本日掲載のモノは、前回に続き明治期の唐子図です。
江戸期の唐子図の碗(三川内)を参考掲載します。


江戸期のモノと比べて、呉須の違いと省略された絵付け(碗の縁飾りの瓔珞文様が一筆描きされている。松の枝が◯に✖️で描かれているのがポイント)であり、量産品のお皿だったのでしょう。
今回掲載したお皿の違いのポイントは、唐子絵付け、陶工・描き手の違いなのか面白いお皿である。

A)  寸法  230mmX280mm 高台径136mm 高さ40mm
KK01_convert_20160726161503.jpg
KK02_convert_20160726161528.jpg
KK03_convert_20160726161550.jpg
KK04_convert_20160726161625.jpg
KK05_convert_20160726161656.jpg

B)  寸法  245mmX300mm 高台径140mm 高さ45mm
KK06_convert_20160726161719.jpg
KK07_convert_20160726161740.jpg
KK08_convert_20160726161809.jpg
KK09_convert_20160726161842.jpg
KK10_convert_20160726161919.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanreki5565.blog.fc2.com/tb.php/221-423e481a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

karako60

Author:karako60
長崎(市)生まれ ♂
配偶者有り
臥牛窯(現川)の自称ファン&古いもの収集&桐箱制作&古いミシンでの縫製

日々の暮らしの中で、収集(ing)したあんなモノ、こんなモノたちをブログで紹介

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

陶芸 (139)
火鉢 (6)
皿 (50)
碗 (18)
水指 (1)
徳利 (9)
香炉・香合 (5)
菓子鉢 (3)
細工物 (10)
急須 (1)
蓋物 (1)
酒樽 (1)
灯明器 (1)
蓋置 (1)
花入れ (6)
そば猪口 (2)
漆芸 (12)
金属工芸 (46)
釜 (5)
  鍔 (1)
ガラス (10)
機械 (3)
時計 (0)
木工・竹工芸 (39)
鼈甲 (2)
硯 (2)
根付 (6)
帯留め (7)
人形 (7)
書画 (9)
その他 (4)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。