FC2ブログ

爺ちゃん備忘録

最近、目に触れられなくなったモノたちを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

鳴き(ウグイス)徳利と盃

昨日、午前中は、小学生の頃からの行きつけの散髪屋さんへ、単身赴任時期を除き通ったお店でもあります。とは言いつつも、散髪嫌いな私にとって、残り少ない毛をそれなりに 何も言わなくてもいいお店ではありますが、やはり苦手なんです。昔々、逃げ出した様な記憶がうっすらとあります。
散髪の後は、当分の間は行かなくてもいいという安堵感が喘いホッとしています。

さて、本日掲載の徳利、以前これと同じ鶯徳利と盃を掲載していたと思っておりましたが、どうも間違っていた様でした。その時の徳利とは別の徳利と盃になります。
裏底には窯元の「玉穂」の文字と、実用新案登録のナンバー、傍らに金文字で山桃とある。酒をそそぐ動作で「ホー」、「ホケキョ」と空気の出入りで鳴く仕掛けなんでしょうが・・・・音ははっきり出るものの、注ぎ方の上手、下手があるのかもしれません、



・鶯六角徳利
  寸法 50mm X 50mm 高さ:150mm
TS001_convert_20160917135335.jpeg
TS002_convert_20160917135352.jpeg
TS003_convert_20160917135421.jpeg

・盃と受け皿
 今では、ほとんど使われなくなったモノの一つではないかと思います。ピンク色の
 釉薬に染付で短冊と巻物の絵付けがされています。

 寸法 盃   直径:52mm 高さ:28mm
    受け皿 角径:63mm X 63nn 高さ:18mm
 
TS004_convert_20160917135443.jpg
TS005_convert_20160917135511.jpg
TS006_convert_20160917135537.jpg
TS007_convert_20160917135558.jpeg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanreki5565.blog.fc2.com/tb.php/231-b700efff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

karako60

Author:karako60
長崎(市)生まれ ♂
配偶者有り
臥牛窯(現川)の自称ファン&古いもの収集&桐箱制作&古いミシンでの縫製

日々の暮らしの中で、収集(ing)したあんなモノ、こんなモノたちをブログで紹介

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

陶芸 (139)
火鉢 (6)
皿 (50)
碗 (18)
水指 (1)
徳利 (9)
香炉・香合 (5)
菓子鉢 (3)
細工物 (10)
急須 (1)
蓋物 (1)
酒樽 (1)
灯明器 (1)
蓋置 (1)
花入れ (6)
そば猪口 (2)
漆芸 (12)
金属工芸 (47)
釜 (5)
  鍔 (1)
ガラス (10)
機械 (3)
時計 (0)
木工・竹工芸 (39)
鼈甲 (2)
硯 (2)
根付 (6)
帯留め (7)
人形 (7)
書画 (9)
その他 (5)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。