爺ちゃん備忘録

最近、目に触れられなくなったモノたちを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

謎の鼈甲手沈香壺

今日、長崎は曇り空です。寒い中でも風弱く過ごしやすく、久々にメダカに餌を入れましたが、弱々しくも水草の中から姿を見せてくれました。このメダカがいる甕の横のシクラメン、夏を無事乗り切り小さな花を咲かせてくれました。小さな花芽が沢山つけていますので今年も十分に楽しめそうです。

謎1_convert_20161130175212
先日、TVの番組の中で、「なぎそねこ」の紹介を見て作れるかも??、早速2着を作りあげました。思いの外、暖かい。家内は、当初格好悪いから要らないと言ってはおりましたが、黙って着ると言うか、背負っております。
もう、離せないかも知れません。(笑)

本日掲載の小さな沈香壺、購入時から傷物でした。つい最近まで、欠損部分を漆(+強力粉)にて修復していました。
来年、暖かくなってから、銀粉を蒔こうかと考えています。
それでも何故購入したのかと言うと、長与焼の鼈甲手ではなかろうかとの頭の隅っこでピッピッとくるものがあったからです。同手の徳利と一升徳利の完品を長与として、所持しておりましたが、骨董屋さんから鹿児島の平佐焼?ではと・・・。
自身も長与と平佐焼きは良く似ていると思っていることもあり、来年3月鹿児島の骨董屋さんに鑑定して貰うべくお願いをしております。
どうなることやら?来年3月の佐賀の骨董市での鑑定を楽しみにしております。

寸法 最大径:200mm 口径:90mm 高台径:100mm 高さ:275mm

謎2_convert_20161130175231
謎3_convert_20161130175249
謎4_convert_20161130175311
謎5_convert_20161130175334
謎6_convert_20161130175358
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanreki5565.blog.fc2.com/tb.php/248-3fa97af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

karako60

Author:karako60
長崎(市)生まれ ♂
配偶者有り
臥牛窯(現川)の自称ファン&古いもの収集&桐箱制作&古いミシンでの縫製

日々の暮らしの中で、収集(ing)したあんなモノ、こんなモノたちをブログで紹介

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

陶芸 (139)
火鉢 (6)
皿 (50)
碗 (18)
水指 (1)
徳利 (9)
香炉・香合 (5)
菓子鉢 (3)
細工物 (10)
急須 (1)
蓋物 (1)
酒樽 (1)
灯明器 (1)
蓋置 (1)
花入れ (6)
そば猪口 (2)
漆芸 (12)
金属工芸 (46)
釜 (5)
  鍔 (1)
ガラス (10)
機械 (3)
時計 (0)
木工・竹工芸 (39)
鼈甲 (2)
硯 (2)
根付 (6)
帯留め (7)
人形 (7)
書画 (9)
その他 (4)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。