爺ちゃん備忘録

最近、目に触れられなくなったモノたちを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

小さな朱塗りの椀(拾人前)−2ー

今日も天気上々の一日でした。
と言うことで、長崎市歴史民俗資料館 「館蔵名品展」へお目当の「異国船御固緒家備之図」を鑑賞してきました。現在の長崎港口の女神大橋辺りを海上封鎖している図が、自身収蔵しているものと比較が目的でした。
自身収蔵している古地図は、フェートン号事件以降の港口海上封鎖、各藩陣屋・兵役の数、港内の水深が細かく記されていることから更に資料館の絵地図より詳細に記されているように思えます。
自身収蔵している絵地図もいつかは、次の世代に引き継ぐべきものであり、末長くこの長崎の地にて伝えられていけたらと望む次第です。

さてさて、本題のPart.2です。普通(サイズ)であれば、購入することもなかったのですが、この小さいサイズと欅の木肌感に惹かれて購入しました。箱底部に明治九年六月 西古川町墨書きあり
一応、全部箱から取り出し確認しましたが、椀内のヤケ(変色)もなく綺麗な状態で保管されていました。
撮影用に2客のみ取り出し、さっと清掃し、一応そのまま状態にて保管しております。

サイズ  外径:99mm 高台径:37mm 高さ:69mm

朱椀1_convert_20161208164033
朱椀2_convert_20161208164050
朱椀3_convert_20161208164106
朱椀4_convert_20161208164153
朱椀5_convert_20161208164126
朱椀6_convert_20161208164208
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanreki5565.blog.fc2.com/tb.php/251-16f65c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

karako60

Author:karako60
長崎(市)生まれ ♂
配偶者有り
臥牛窯(現川)の自称ファン&古いもの収集&桐箱制作&古いミシンでの縫製

日々の暮らしの中で、収集(ing)したあんなモノ、こんなモノたちをブログで紹介

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

陶芸 (139)
火鉢 (6)
皿 (50)
碗 (18)
水指 (1)
徳利 (9)
香炉・香合 (5)
菓子鉢 (3)
細工物 (10)
急須 (1)
蓋物 (1)
酒樽 (1)
灯明器 (1)
蓋置 (1)
花入れ (6)
そば猪口 (2)
漆芸 (12)
金属工芸 (46)
釜 (5)
  鍔 (1)
ガラス (10)
機械 (3)
時計 (0)
木工・竹工芸 (39)
鼈甲 (2)
硯 (2)
根付 (6)
帯留め (7)
人形 (7)
書画 (9)
その他 (4)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。